にきびの治療法

にきび治療HOME

にきびのお悩みを解決
赤ニキビを始めとした炎症を伴うニキビは、放置しておくとニキビ跡の原因へ繋がりやすく、
十分に気をつけたい要素であるといえます。

ニキビの症状に効く化粧水

一般的に、初期の段階ではニキビに炎症は見られず、皮脂の詰まった白ニキビと呼ばれる状態が
しばらく続きますが、アクネ菌の過剰な繁殖と同時に内部で有害物質が生成され、
免疫反応で皮膚炎を起こします。

皮膚炎を起こした状態でのニキビ治療は、抗生物質やステロイド剤などの強力な薬が用いられる傾向にあり、
まずはこれらを使って炎症を抑えることへ重点をおくべきです。

ただし、皮膚炎の治療に対して優秀な薬は肌のバリア機能を低下させるなど副作用も存在し、
背中ニキビ治療で使用する場合はやむを得ない選択となる点を理解しておかなければなりません。

よって、ニキビ治療における薬は使用後にニキビが治まっても油断せず、
肌の免疫力は低下している点を踏まえた保湿及びホルモンバランス治療が
効率的な改善策として求められてきます。

また、もう一つ気をつけておきたいのは、そもそも何が原因でニキビができていたのか、ということです。
折角お金を払って治療をし、改善されてきたとしても、原因を放っておいたら
延々とニキビに悩まされることにもなりかねません。

原因を考える

染みついた生活習慣というのは中々変えることが難しいものですが、根本的な
ニキビの原因を解消することで、初めてその悩みから解放されると言えるでしょう。
そういった部分にも気をつけていきたいですね。

 

抗炎症作用などの働きがあるステロイド剤の上手な使用方法

ステロイド剤は外用の皮膚疾患に多く使われていて、さまざまな薬に含まれています。
優れた抗炎症作用があり、湿疹やアトピーなど炎症が起こっている症状に対して素早く効くという特徴があります。

ステロイド剤を含んだ薬を使って皮膚疾患の治療をすることで、炎症が広がるのを抑えることが出来る他に、症状が続いて皮膚そのものが傷んでしまうことを防ぎます。
一方で、副作用を心配する人も少なくありません。ですが、適切な量を守ることで優れた治療効果を得ることができます。
ステロイド剤は抗炎症作用だけでなく、細胞増殖抑制作用もあることが挙げられます。

これは、アトピーやアレルギーなどの炎症を引き起こす細胞物質の増殖を抑える作用で、炎症が広がるのを止めてくれます。
また、血管収縮作用もあります。これは、症状のある場所の血管を収縮させることで、赤みを抑えてくれる作用です。
痒みも和らげてくれるので、症状によるストレスを緩和してくれます。

さらに、免疫抑制作用も含まれています。免疫抑制作用とは、異物に対して皮膚の防御作用が過剰に働くことを抑えてくれる作用のことを指します。
このことで、皮膚が過敏になったり痛みを伴ったりする状態を緩和してくれます。

四つの作用によって、ステロイド剤は炎症を起こした部分を抑え込んで、皮膚を治してくれる作用があります。
目的によって容量や強さ、効き目が異なるので注意して使用してください。

子どもの皮膚炎に使う場合、ステロイド剤を使うことで掻きむしったり、悪化させたりということを防いでくれるという効果も期待されます。
他方で、副作用もあります。

長期間に渡って使用していると、その部分の免疫が抑制されていることから、別の感染症を誘発する可能性が出てきてしまいます。
また、血管収縮作用の反動で、血管が逆に拡張してしまうこともあります。
血管が拡張するとその部分が赤く見えたり、荒れて見えたりしまいます。血管が拡張してしまうとなかなか治りにくいので、注意しましょう。

さらに、使用した部分の肌が乾燥して荒れてしまうといったことなどが挙げられます。
このような副作用は、症状が治まっても使い続けてしまったり、目的と異なる効果の強いステロイド剤を使用してしまうことで起こってしまいます。

薬局で買ったものは注意書きを良く読んだり、医師に処方されたステロイド剤は目的以外のものに使用するのは避けましょう。適切な使用こそがステロイド剤には必要です。